BLOG

ビットは何だった?(ビット被害者関連)

投稿日:

ビットは何だった?(ビット被害者関連)

ビットは投機だと考えてます

数万円の時購入したビットが200万円まで行ってる時

ビットを持ってる人は狂喜してました

しかし、元の金額を割り込んだらどうなんでしょう?

今年、ビットコネクトのBCCコインが無価値に近くなりましたしかし

1BCCは1BCCの価値は有します

ただ、基軸通貨との交換価値が殆ど無くなったに過ぎません

ビットもそうですよ

1ビット200万円でも1万円でも

1ビットは1ビットです

しかし、1ビットで購入できるものは、その時の基軸通貨との交換価値と同等で有るはずです

投資詐欺によるビット被害者の難しさはそこにあります

100ビット失ったとします

購入金額が1ビット20000だったら

200万円の損失になります

しかし、購入金額が2000000だったら

2億円の損失になります

このように同じビットでも損失額は大きく変わるのです

安い時に買ったビットが奪われた後高騰して

本来は200万円の損失なのに

2億失ったと嘆く人が多く居ました

しかしながら、損失計算はそうは行きません

ビットが高騰しようが下落しようが

何の関係もありません

損害はあくまで失った日本円です

こんなに不安定なものを法律で括るのは本当に大変なのです

そして、何も知らない人達にギャンブル性の高い暗号通貨の味を覚えさせ購入させ

暗号通貨を奪い換金すると言う

まさに

ギャンブル依存症の被害者を大量生産し

その被害者の上に

セレブとして君臨してるのが

名だたる詐欺集団です

人のよい高齢者が

遠くの他人からお金やビットを奪う方法を教える高額塾に入り

何の疑いもなく詐欺を行うようになっていってます

これは正に法律の規制のない暗号通貨ギャンブルに依存しているからです

脱法行為は合法ではありません

法律の規制が無いと言うことは

法律によって護られないと言うことです

そして、このようなギャンブル依存症の被害者を大量生産し続ける

詐欺師達は法の裁きを受けてもらわないと

どんどん苦しむ人が後をたちません

ビットのチャートを見ても

柴田一味の逮捕後、ずっと落ちてますね

さらに大物詐欺師が逮捕されたら、さらに落ちるのでしょうか?

-BLOG

Copyright© LNPOS投資事業有限責任組合(通称ルンポス) 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.