BLOG

どうして弁護士は引き受けてくれない?

更新日:

どうして弁護士は引き受けてくれない?

詐欺に遭ったとき、頼るのは弁護士だと思います

しかし、弁護士を何人か尋ねた人は解ると思いますが

基本的に詐欺被害者の依頼はなかなか引き受けてはくれません

理由は

詐欺立証に長期間かかる(5年くらい)

尚且つ資産移転により差し押さえ等が意味をなさない

情報が分断され詐欺師に情報統制されているため証拠が揃わない

等があげられます

しかし、警視庁がセナー逮捕で使った金商法違反に該当すれば当然に不法行為に該当しますから民法709条の損害賠償請求にて解決は可能なのです

とは言うものの

不法行為による損害に対する損害賠償請求に精通している弁護士が少ないので探すのに一苦労です

また情報においては弁護士は集めてはくれませんので

当然に被害者が集めることになります

これは加害者を訴える上で必ず必要になります

加害者が不法行為を行ったと言う証拠がないと裁判すら出来ません

ですからルンポスの存在意義があります

被害者の情報を一元化し情報共有をし

弁護士、警察への提供をしやすくする

証拠がないと動けないのは

警察も弁護士も同じです

皆さん

ルンポスへの情報提供をお願いいたします

https://lnpos.or.jp/

-BLOG

Copyright© LNPOS投資事業有限責任組合(通称ルンポス) 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.